お気に入りの場所

マーシャルには高い建物があまりないので
普段あまり高いところにはいかないのですが、
先日久しぶりに会社の屋根に上りました。

実はここ結構良い眺めで気に入ってます。
国土の狭いマーシャルでは
このくらいの高さであれば内海(lagoon)と外海(ocean)が両方見えます。
こんな感じ。

こっちが内海(lagoon)
こっちが外海(ocean)

細長いマーシャルを感じるオススメスポットです。
体感しに来てください!!

文化の日 (Manit day マニットデイ)

今週9月25日(金) マーシャルは『Manit day』と呼ばれる祝日です。
日本で言うところの『文化の日』
日本ではこれと言って意識しない祝日ですが、
マーシャル人は『Manit day』をかなり大事にしています。

その為、学校などではこの日に合わせて
伝統文化(遊びや食べ物等)を子供達に伝えるイベントが開催されたり、
いつものTシャツではなく、伝統的なドレスを着たりおしゃれをして通勤・通学します。

今年はコロナウィルスの影響か全体でのイベントは無かったので詳しくはこちら

MJCCブログ:マーシャルのローカルフード

で、マーシャルの伝統文化でも特に日常に溶け込んでいるのが
このブログでも度々登場する”AMIMONO”

という事でMJCCでもこれにあやかって”AMIMONO”売り場を模様替えしました。

before
after

模様替え前と後。違いわかりますでしょうか?
良く見比べてくださいね。

正解は・・・

こちら!!

写真だとわかりづらいかもしれませんが
意外と大きな変化でマーシャル人には大好評。
Facebookの反応もかつてない程でビックリです。
アミモノ効果で今週はお店も盛況でした。

皆さんもマーシャル土産にぜひAMIMONO買っていってくださいね~。

MURAI

ローカルビジネス

Iakwe! 今週はお店のお話。

毎週木曜日の開店前、MJCCの前にはたくさんの人だかりができます。


何かセールでもしてるのかと思いきや、 実はこれ、Amimonoの買い取りを待つ人達。

Amimonoとはマーシャルの伝統工芸品とも言える装飾品で日本語の編み物に由来してます。
(詳しくはこちら⇒ http://mjcc.biz/wordpress/?p=4469 )

MJCCではこのAmimonoを作り手さんから直接仕入れて販売しているのですが、
その仕入日が毎週木曜日なのです。

仕入日に作った作品を持って来てもらい買い取る仕組みになっているので、木曜日の朝は作り手さん達が自慢の作品を持って朝から並びます。
(買える量に限りがあるので早いもの勝ちなのです。)

店頭で受け付けの順番を整理する従業員
関係ない話ですが、実は従業員のユニフォームの後ろには日本とマーシャル国旗のプリントがあります。日本とマーシャルの架け橋という会社の思いが伝わるので気に入ってます。

購入額はお店の在庫状況や製品のクオリティを見ながら従業員が判断します。
なので、作り手さんも買い手も毎回真剣勝負。

値決めは売り手も買い手も真剣勝負
売れてよかったね(^^♪

こうして購入した製品は、すぐに売り場に並んで販売されます。

MJCCのamimono売り場

今回は総額1,500ドル程の仕入でした。

額が多いか少ないかは別として、 全てローカルの材料でローカルの作り手さんが作った物を購入・販売しているので、日系企業ながらマーシャル人の為の会社という弊社の考えを体現している事業と自負しております。

マーシャル文化そのものと言っても過言ではないこのAmimono
これからももっと発展させてマーシャル以外にも広められるようなPR方法を考えていきたいと思ってます。

もしご興味ある方いらっしゃればお気軽にご連絡ください!!

MURAI

お色直し

MJCCには配達用のトラックが一台あります。
ISUZUの左ハンドルというかなりレアな車両。
かなりボロボロですが、重いブロックを運んだり

大きなボートを運んだり

時には人も運んだり・・・

そんな健気なMJCC号ですが、
先日突然こんな姿に!!

この平和なマジュロでトラックに落書きをするような輩がいるのか!!
と焦っていると・・・

どうだ、カッコいいだろ!!
と自信満々のBity君登場。
どうやらBity君の発案で色を塗ることにしたそうです。

とはいえ自動車屋さんに塗装なんぞ頼めば高くなるに決まっているので
自分たちで塗る事にしたそう。
その心意気は評価するけど、黒いスプレーを振るというかなりアナログな塗り方。

相変わらずワイルドです

で、今回のポイントはなんと言ってもこのフロント


特製養生シートを使ってMJCCロゴの塗装を施し、
満足気なBity君

ちょっと荒い仕上がりですが、
何とも味があって良いなぁと思っているのは私だけでしょうか。

MURAI

パイレーツ オブ MJCC

Iakwe!!

日本も少しづつ平時に戻りつつあるのでしょうか?早く観光のお客様が来れるような環境になって欲しいものです。

ところで先日、お店の外で朝の静かなひと時を過ごしていると、
ファクトリーから『キュイーン、キュイーン』と何かを削る音。
まだ始業前なのに何だろうと思い覗いてみると・・・

配達担当で働き者のBity君
朝からグラインダーで何かを削ってます。

よく見ると・・・ナイフ!! しかもなんだかでっかい海賊みたいなやつ。

マーシャルでもさらに孤島のエニウェトク出身Bity君が持つと・・・

リアルカリブの海賊!!
食われそうです。

このナイフ、いわゆるブッチャーナイフという
肉屋さんが使う骨を落とせるタイプのナイフで
ターキーネックをカットするのに使うのだとか・・・

それにしても、ナイフをサンダーで削るとは・・・
さすがBity君。ワイルドです。

MURAI