第一回ミス・マーシャル・コンテスト開催中

毎年7月第一週の週末はビルフィッシュ・トーナメントという釣り大会が行われます。billfishというのは日本語でなんと言うんですかね。ネットで調べると「サンマ」という訳が出てきて腰が砕けますが、実際にはカジキとかマグロとかバラクーダとか、大きなボートから大きな釣竿を出して釣り上げる魚、というイメージです。毎年優勝チームは100キロとか200キロとかの魚を釣りあげます。そのビルフィッシュ・トーナメントにはミス・ミクロネシアに選ばれた女性がキャンペーンガールとして参加するのが恒例となっています。

この大会は今年で37回目になりますが、「ミクロネシアじゃなくてミス・マーシャルをだしてもいいんじゃない?」という提案があったのかどうかは知りませんが、今年初めてミス・マーシャル・アイランドを選ぶというイベントが開催されました。というか今まさに開催中で、一部の人は浮かれているようです。

道路に候補者の写真が貼りだされています。

ミス・マーシャルは、各環礁ごとに選ばれた代表の中からマジュロでの投票で選出される方式で、今週の月曜日から土曜日まで、ICC(インターナショナル・コンベンション・センター)で誰でも投票できるようです。

ICC正面にも貼りだされてます。

各環礁の代表者がどのように選ばれたかは不明ですが、そこはマーシャルのコンテストですから文句を言ってはいけません。選出方法はマーシャル人に聞いても誰も知りませんが、選ばれた人のファミリーネームを見ると市長や議員の家族が多いようです。ただ見た目だけでなくマーシャルの伝統や昔話などにも詳しいはずだ、とのことですのでそれなりに中身も重視されているようです。

気になる各代表の写真はfacebookページで見ることができます。

ちなみに上記ページにはJowi(出身部族)も載っていて、ごく一部のマーシャル・マニアにはたまらない仕上がりとなっております。マーシャル人の考えるミス・マーシャルにふさわしいのはどの代表か?結果が楽しみです。

SATO

ヒルダ・ハイネ大統領がトランプ大統領と会談

The Marshall Islands is literally struggling to stay above water but its President Hilda Heine told Reuters she had saved her breath rather than try to persuade U.S. President Donald Trump to hear its climate change message.

Climate crisis, nuclear waste and Trump: Marshall Islands struggling to stay above water

先月の話になりますが、マーシャルのヒルダ・ハイネ大統領がトランプ大統領と会談したという記事。今回は気候変動についてはグッとこらえ、コンパクト協定の更新についてお願いしたようです。

コンパクト協定とはマーシャルを含むミクロ三国とアメリカとの間で結ばれた自由連合盟約のことで、当時信託統治領であった三ヵ国の独立を認め、経済援助をするかわりに安全保障はアメリカが統括するというものです。

他の国についてはよく知りませんが、マーシャルの国家歳入の60%くらいはこのコンパクトによるアメリカからの経済援助なので、政府の体を成すために最重要の財源となっています。日本を含めた他の国からの援助が歳入の大体10%くらいなので、アメリカからの援助がいかに大きいかわかります。

コンパクト協定は2003年に20年の延長が決まり2023年までは有効ですが、現時点ではその後はお金をもらえなくなってしまいます。しかもトランプ大統領はよその国への対応がどちらかというと冷たいので、マーシャルにとっては現実的な心配であるわけです。ヒルダ・ハイネ大統領の任期は今年の11月までですが、もし仮に任期中にコンパクトの更新が出来たら次期大統領の座も当確、というくらいの重要な問題です。

新しくなった日本大使館で令和の記帳

先週、在マーシャル日本国大使館に、新天皇陛下の御即位を祝賀するための記帳所が設置されましたので、令和の記帳をしてきました。

日本大使館は4月より、新しい場所に移転しました。

場所はダウンタウン地区、スーパーフォルモサやフレームツリーの並びです。

マーシャルアイランズリゾート(MIR)からは徒歩で行ける距離です。

◆在マーシャル日本国大使館◆
AC Building, Jebel Weto, Delap, Majuro, MH 96960
(P.O. Box 300, Majuro, Marshall, 96960)
電話: (692) 625-3311

開館時間
【一般開館時間】9:00~12:00,13:00~17:00
         土曜日・日曜日・祝祭日休館
【領事窓口受付】9:15~11:45,13:15~16:45


タイドテーブル レストランでディナー

ホテル ロバート・レイマーズ内にある、タイドテーブル レストラン。ランチもディナーも地元の人や観光客に人気の、アメリカン・レストランです。

今回は家族の誕生日祝いで、ちょっと豪華にディナーで訪問です。メニューをもらったら、まずは飲み物を先にオーダーします。私はグラスワイン(5ドル)を注文しました。しばらく待っても出てこないので、おかしいなと思ったら、ウェイターが飲み物のオーダーを通すの忘れていたようです。「本当にごめんなさい」と何度も謝って持ってきてくれたワインは、サービスでこんな量でした。

注文した料理を紹介します。レストランの常連さんがよく注文しているコスパのいいメニュー、本日のスープ(5ドル)。スープは大きなボウル入ってガーリックトーストもついてきます。一人だとこれだけでお腹いっぱいになりそうです。
前菜にエビのテンプラ(8ドル)も頼みました。タルタルソースが添えられていて、天ぷらというよりフリッターなのですが、問題なくおいしいです。

シェフサラダ(9ドル)です。サラダにのせるメインの具を、チキン・シーフード・ツナから選びます。チキンのグリルを選びました。数人でシェアできるボリュームです。

リブアイ ステーキです。付け合わせの野菜はサラダか蒸し野菜か、主食はご飯か、ベークドポテトかマッシュポテトか、から選びます。蒸し野菜とご飯にしました。

デザートにケーキを食べたいときは、まずウェイターに「今日のケーキは何があるの?」と聞いてください。この日は、チーズケーキしかなかったので、チーズケーキにしました。中にチェリーが入っていて、ずっしりとした感じのケーキでした。

お腹いっぱいです!ごちそうさまでした。

かわいい見学者

MJCCでは、店舗の裏にある工場で、コンクリートブロックの製造も行っています。今週は現地幼稚園の社会科見学で、約30人のかわいいちびっ子たちが、ブロック工場を見学に来ました。

MJCCで製造されたブロック

教室では、おもちゃのブロックでよく遊んでいるという子どもたち。本物のコンクリートブロックに興味津々。家も学校もこのブロックでできているんだよ~と説明を聞いた後は、工場でブロックマシンからブロックが作られるところを見学しました。

ブロックマシンの大きな音や迫力にビックリしている様子でしたが、デモンストレーションを終えて機械を止めると「もう一回!もう一回!」とリクエスト。ちょっと怖くて面白かったようです。

子供たちから、かわいいお礼のお手紙をいただきました。

MJCCでは地域の学校からの校外学習を受け付けています。店舗や工場での社会科見学など、お気軽にご相談ください!