マーシャルでタピる

タピオカドリンクを飲むことを日本では”タピる”と言うそうですね。最近知ったので、さっそくタイトルに使ってみました。

マーシャルにもタピオカドリンクが飲めるお店が数年前からあり、日本と同様に若い世代に人気です。でも行列することはなく、値段も安いですよ!

1軒目は、MIR(マーシャルアイランドリゾート)の向かいにあるお店、”L2ストア”。Do It Bestの横に建つ、コンテナハウスのスモールストアです。店の外観はかなり質素ですが、普通に日本と同じようなタピオカミルクティーが飲めます。

メニュー。タピオカ入りドリンクやスムージーがあります。

タピオカミルクティーは、マーシャルでは「バブルミルクティー」と言います。バブルミルクティー(2.5ドル)を注文しました。タピオカの柔らかさもちょうどいいし、量もたっぷりです。

バブルミルクティー

2軒目は、最近CMI(マーシャル諸島短大)の向かいにオープンした店、”S7-Icy Bubble”です。

こちらのお店はドリンクだけでなく、バーガーやフライドポテトなど軽食もあり、店内にテーブルとイスも用意されています。ファーストフード店のような雰囲気です。

店内
ドリンクメニュー。MILK TEAはすべてタピオカ入りドリンクだそうです。
軽食メニュー

シグネチャーミルクティー(2.75ドル)とストロベリースムージー(2.5ドル)とフレンチフライ(1.95ドル)を注文しました。

こちらの店のシグネチャーミルクティーは、タピオカが固めなので、私は1軒目のL2ストアのほうが好みでした。でもスムージーはおいしかったし、軽食もあり、涼しい店内でゆっくり過ごせるのはいいですね!

タピオカ好きの方は、ぜひマーシャルでも「バブルミルクティー」を試してみてください!

リウットコーナー、ランチタイムのマーシャル料理ブッフェ

レストラン リウットコーナーで、平日ランチタイム11:30~3:00にマーシャル料理のブッフェをやっていると聞いて、行ってきました。

こちらがレストランの入り口です。少しわかりづらいですが、リウットと看板があるガソリンスタンドの横です。

店内はこんな感じ。マーシャル料理の他にも、ハンバーガーやチキンカツなども注文できます。

マーシャル料理のブッフェはこちら。料金は$9.95。メニューは、地元の魚を焼いたもの、まぐろ刺身を使ったスパイシーポキ、ココナッツの果肉を使った揚げ団子、パンの実のココナッツミルク煮、IQ(ココナッツミルクの甘くてボリュームのあるスープ)でした。

こちらはブッフェメニューではないのですが、リウットにはいつもお店で焼いているケーキが置いてあります。ケーキの値段も1つ$2~3.5で良心的。ランチの時間帯を過ぎても気軽に利用できます。

タイドテーブル レストランでディナー

ホテル ロバート・レイマーズ内にある、タイドテーブル レストラン。ランチもディナーも地元の人や観光客に人気の、アメリカン・レストランです。

今回は家族の誕生日祝いで、ちょっと豪華にディナーで訪問です。メニューをもらったら、まずは飲み物を先にオーダーします。私はグラスワイン(5ドル)を注文しました。しばらく待っても出てこないので、おかしいなと思ったら、ウェイターが飲み物のオーダーを通すの忘れていたようです。「本当にごめんなさい」と何度も謝って持ってきてくれたワインは、サービスでこんな量でした。

注文した料理を紹介します。レストランの常連さんがよく注文しているコスパのいいメニュー、本日のスープ(5ドル)。スープは大きなボウル入ってガーリックトーストもついてきます。一人だとこれだけでお腹いっぱいになりそうです。
前菜にエビのテンプラ(8ドル)も頼みました。タルタルソースが添えられていて、天ぷらというよりフリッターなのですが、問題なくおいしいです。

シェフサラダ(9ドル)です。サラダにのせるメインの具を、チキン・シーフード・ツナから選びます。チキンのグリルを選びました。数人でシェアできるボリュームです。

リブアイ ステーキです。付け合わせの野菜はサラダか蒸し野菜か、主食はご飯か、ベークドポテトかマッシュポテトか、から選びます。蒸し野菜とご飯にしました。

デザートにケーキを食べたいときは、まずウェイターに「今日のケーキは何があるの?」と聞いてください。この日は、チーズケーキしかなかったので、チーズケーキにしました。中にチェリーが入っていて、ずっしりとした感じのケーキでした。

お腹いっぱいです!ごちそうさまでした。

ウリガ地区に新しいレストランができました!

ウリガ地区に新しくできた中華料理店の紹介です。
新しくできたレストラン「アイランドスター」は、ウリガ地区、オフィスマートというお店の向かいにあります。ラグーン側です。
店内はそこそこきれいで料理もおいしいのですが、このお店の特長は何と言ってもメニューにあります。日本語訳が付いていて、その翻訳が絶妙でした。

お立ち寄りの際は是非「秘密のアヒル」に挑戦してみてください。

SATO

マジュロのバリアフリー!

タイドテーブル・レストランから喫煙所に向かう通路のところに巨大な建造物ができました。実はこれ、2階まで上れるスロープです。

フロントデスクが2階にあるロバート・レイマース・ホテルは、荷物の上げ下げや車いすを利用されるお客さまにとって不便だったのですが、これで解消されるようです。スロープは、マーシャルらしく全て木造で、キジ島の教会にも引けを取らない出来です。是非ご利用ください。

SATO