ビキニ環礁でのダイビング

ビキニ島のビーチ

マーシャル諸島で最も有名な場所、おそらくそれはビキニ環礁です。
MJCCへの問い合わせでも、
「ビキニ環礁でダイビングできますか?」
とよく聞かれます。
ですが、私たちの回答はいつも
「できなくはないです」
という歯切れの悪い形となります。
その辺の事情といいますか、現在のビキニについてご紹介します。

水着の名前にも残るビキニ環礁はマーシャル諸島共和国の環礁の一つで、1946年に第二次大戦後最初に核実験が行われた環礁です。その後1958年まで合計23回の核実験が実施されました。核実験の標的にされた戦艦「長門」や空母「サラトガ」など、多くの艦艇が今でも環礁内に沈んでいます。
核実験による残留放射能は今でも土壌から検出され、1998年の国際原子力機関(IAEA)の報告書では、ビキニ島で得られる食料を摂ると、年間15mSvに達すると推定され、「永住には適さない」と結論付けられています。

ちなみに私がテレビ局の取材で同行した際は、あちこちで線量計で測りましたがほとんど検出されませんでした。
センシティブな問題なので適当なことは言えませんが、短期間の訪問に関しては、残留放射能はあまり問題にならないといえるでしょう。

ではビキニ訪問への障害は何かといいますと、交通手段がほとんどないことが挙げられます。

実はビキニは首都のマジュロからかなり離れたところにあります。マジュロからビキニまで、その距離は約800キロ。東京から西に行けば山口県に、北に行けば北海道に届く距離です。

実際ビキニに行く場合、選べる手段は飛行機か船ですが、飛行機は自家用機をお持ちでない限り、国内線エアマーシャルの飛行機をチャーターするしかありません。これが1回150万円くらいかかります。しかも行きと帰りで2回はチャーターしなければならないので、一般の方々にとっては宝くじにでもあたらない限り、選択肢には入ってきません。

エアマーシャルのドルニエ。

次に船の場合ですが、800キロも移動するのでそんなに小さな船ではいけません。それなりの大きさ、設備が必要です。マジュロにはこれにぴったりの船、といいますかビキニなどの離島への旅行を引き受けてる会社があるのですが、この会社の船をチャーターする場合、1日40~50万円かかります。そして季節にもよりますが移動時間は片道2~3日はみておく必要があります。1週間チャーターすると飛行機と同じく約300万円、しかもビキニに滞在できるのは2日くらいとなると、これもやはり我々一般人にとってはなかなか手を出しづらい選択肢であります。

こんな船です。

ただ、フォローするわけではありませんが、この船はもちろん寝泊まりはできますし、料理人も同行してくれます。さらにダイビング器材も全て揃っているのでチャーター費用以上のお金はかかりません。
また客室は10人くらい泊まれますので多人数でシェアして頭数で割ることができれば考慮に入れてもいいかもしれませんね。

ビキニへ行くには他にもクリアしなければいけないことはあるのですが、交通手段だけでも簡単ではないことはわかっていただけるのではないでしょうか。
「できなくはないです」
という歯切れの悪い回答の裏には上のような事情があるのです。

とはいえ、もちろんMJCCではご用命があれば手配いたします。過去に数回実績もありますので、もしビキニで(できれば団体で)ダイビングしたい!もしくはビキニを撮影したい!などのご要望がありましたらお気軽にお問い合わせください。

SATO

マーシャル人の絵

 

この味わい深い絵はマーシャルのYouth To Youthの生徒たちが描いた絵です。

 

ちなみにYouth to Youthというのは日本人には馴染みのない名前ですが、青少年の社会教育を目的とする団体です。

 

彼らの描くマーシャルの絵は、とても素朴ですが、よく見るとマーシャル人の暮らしぶりをよく伝えていて、なかなか楽しいので紹介します。

 

マーシャル人が重そうに運んでいる魚はどれもマーシャルでよく見る魚です。
 
こちらの絵では、家の周りにココナッツ、ブレッドフルーツ、パンダナスと、マーシャルで重要な3つの植物が生えてます。
 
たぶんこん棒で葉っぱをなめしてるところ。
屋根の材料にします。
 
こっちでもココナッツの葉を加工してます。
 

こちらはパンダナスを食べてます。
仕事はしなくていいんでしょうか。
 

ラーンケ(ココナッツを割る棒)を使って、ココナッツの皮をむいているところ。
緑のかごに入ってるのはユ(ココナッツの中心に生えてくる芽)かもしれません。

 

というような感じで、今でもマーシャルでよく見ることができるローカルな生活が描かれていて、マーシャル経験者には「見たことある!」というネタが満載です。

 

郵便局やマーシャル・アイランド・リゾート・ホテルに展示されていますので、訪問の際は探してみてください。

 

SATO

続・ウォッジェ環礁に行ってきました!

ウォッジェでの遺骨収集調査に現地コーディネーターとして同行させていただきました。前回の続きです。
警察署の看板の前に砲弾を発見。
オブジェのような使い方をされています。
玄関の踏み台として使われていた石碑。
「赤誠隊殉歿者之碑」と読めます。
赤誠隊とは、昭和14年に横浜刑務所から送られた囚人部隊で、ウォッジェの飛行場建設にも携わり、30名の死者が出たそうです。その頃のものと思われます。
家の方の了解を得て立て直しました。
椰子の木が青空に映えます。
港の埠頭近くにある製氷室。
近くには水タンクもありました。
タンクは二つあり、一つは倒れていましたが、かなりの大きさです。
肝心の遺骨は、地表に露出しているものや掘り返して見つかるものなど様々でしたが、記憶違いなどにより空振りに終わる出動もあり、遺骨収集の難しさを実感しました。全体に状態は良いようで、次回の本格的な収集に期待がかかります。
今回の同行では腰を痛めてしまった私ですが、次回は体調を整えてお手伝いしたいと思います!
SATO

遺骨収集調査のお手伝いで、ウォッジェ環礁に行ってきました。

旧日本軍のマーシャル諸島全体での戦没者数は約2万人、まだ見つかっていない遺骨柱数は約1万6千柱あります。そのうちウォッジェ環礁で亡くなった方が約2900人、見つかっていない遺骨柱数は約2700柱と言われています。
日本政府は平成28年に遺骨収集を「国の責務」と記した戦没者遺骨収集推進法を成立させ、36年度までの9年間を遺骨収集の「集中実施期間」と規定しました。埋葬地を知る関係者が減り、年々情報が少なくなるなかで、今回はウォッジェでの遺骨収集調査に現地コーディネーターとして同行させていただきました。


いつものドルニエ。写真はウォッジェ到着時。
エアマーシャルは今回も時間通り飛んでくれました!


ウォッジェ環礁南側。旧日本軍の沈船が見えます。

 


ウォッジェ環礁ウォッジェ島。写真の右左が南北になります。

 


飛行場すぐ近くにあるプロペラとエンジン。
今回参加されていた詳しい方によれば、プロペラのサイズからおそらく艦上攻撃機天山のものではないかとのことです。

 


島の北西にあるNorthen Island High School。マーシャルの公立高校ですが、校舎の一部に戦時中の建物をそのまま利用しています(写真の建物の裏側には新しく建てられたきれいな建物もあります)。

 


発電所跡。コンクリートの壁がはがれそうになってます。あと数年もしたら崩壊してしまうんでしょうか。日本なら間違いなく立ち入り禁止です。

 


でも中に入りました。崩落しそうな天井を、巨大な発動機が支えています。

 


魚雷置き場?この台はあまり錆びていませんでした。押しても引いてもびくともしません。

 

トーチカ。米軍が来ると思われた島の東南方向を向いています。ちなみに入り口のドアは電動だったそうです。

 


トーチカ内部には銃弾がばらばらと落ちていました。

他にもう一箇所トーチカがありました。内部はほとんど同じ構造で、詳しい方曰く「パラオにあるものと同じ構造」だそうです。規格があったんでしょうね。

長くなりましたので次回に続きます。

SATO

マーシャル人のファミリーネームに残る日本

先日、某レセプションに招待されて出席してきました。その席で、マーシャルの財務大臣が日本とマーシャルとの関係について触れ、マーシャル人にとって、いかに日本が身近な存在かという例えに、自分は「ワセ」、奥さんの旧姓は「ウエノ」、いとこは「カミナガ」だと、日系のファミリーネームについて話をしていました。
マーシャル諸島は1914年から約30年間(1920年からは国際連盟の委任統治)、日本によって統治されていました。1944年にアメリカ軍が占領するまでの間、マーシャル諸島を含む南洋群島は日本の一部だったわけです。南洋群島全体で約9万人の日本人が移り住んでいたといわれています。当時南洋庁が置かれたジャルート環礁は、日本からの距離が遠かったため日本からの移住者は少なかったといわれていますが、それでも680人と記録されています。現在マーシャルにいる日本人が50人前後ですから、それと比べるとかなりの人数ですね。またこれとは別に約2万人の日本兵が駐在していました。このように当時滞在していた日本人との関係の名残が、日系マーシャル人のファミリーネームに残っているのですね。
ちなみに前述の他に「ミズタニ」「ナカムラ」「サトウ」「カネコ」「ヤマムラ」「ミヤゾエ」「マタヨシ」等々、さらには「モモタロー」「キンタロー」「チュータロー」等のファミリーネームがあります。同じ苗字の方はマーシャルにいらした際に名乗り出てみてください。マーシャル人から歓迎されること間違いなしです。

SATO