マーシャル入国に関する情報(2022年10月6日)

2022年9月8日より国境を解放したマーシャル。

近頃、出国するマーシャル人が多くなった印象です。

休暇を取って久しぶりにアメリカに行く人や、アメリカにいる親戚を訪ねに行く人が増えました。12月のクリスマスシーズンには、より多くの人が3年ぶりに国外に出ることが予想されます。また、マーシャルへ入国待ちだった外国人の入国など、マジュロでは新しい顔を見かけるようになりました。

マーシャル政府から入国に関する最新情報(2022年10月6日付)が出ましたので、お知らせします。

要約すると、以下となります。

<入国条件>

・18才以上の者は、コロナワクチン接種が完了していること。
・健康上の理由によるワクチン未接種者は、その証明書または医師のレターが必要。


<マーシャル入国時>

・到着時のコロナの検査は、コロナの症状がある人のみ実施。テストは保健省の施設で行う。
・海外からの入国者は入国後、公共の場では5日間マスクをして行動すること。
・症状があり、テストで陽性になった人は、最低5日間(症状がなくなって最大24時間)の自宅待機。
・すべての入国者は健康申告用紙を到着時に提出すること。

 

国際線の運航状況は以下です。

■ユナイテッド航空

・フルアイランドホッパー(グアムーチュークーポンペイーコスラエークワジェリンーマジュローホノルル)
 グアム発ホノルル行き(東行き):毎週月曜日
 ホノルル発グアム行き(西行き):毎週火曜日

・ミニアイランドホッパー(グアムーチュークーポンペイ―マジュローホノルル)
 グアム発ホノルル行き(東行き):毎週水曜日
 ホノルル発グアム行き(西行き):毎週木曜日

詳しくは ユナイテッド航空のホームページへ https://www.united.com/ja/jp

■ナウル航空 2022年10月16日よりマジュロへの運航再開

・ブリスベンーナウルータラワーマジュローポンペイ
詳しくは ナウル航空のホームページへ http://www.nauruair.com

 

mika

 

2年半ぶりに国境開放!

コロナから島を守るために、2020年3月から閉じていたマーシャルの国境が、2年半ぶりにオープンしました!

2022年9月8日より入国に際して政府の許可や事前の登録が不要となり、以前のように航空券のチケットが手配できれば誰でも入国できます。

ただし、コロナワクチンの完全接種(第一次接種及び適格である場合の追加接種)が入国条件です。

入国者は、到着時に空港で迅速抗原検査を行います。陰性であれば、到着日からマスク着用の上で自由に行動できます。陽性になった場合は、5日間自宅検疫隔離となります。

 

 

マーシャルでは先月に市中感染が確認されたあと、2週間で急速に感染が拡大し感染者数のピークを迎えました。その後は徐々に新規感染者が減少し、約1ヵ月経過した現在では、新規感染者はゼロもしくは一桁と落ち着いています。

2022年9月7日の感染者数レポート

 

もうコロナと共に暮らす段階に入ったから国境開放!と、マーシャル政府の決断は素早かったです。

MJCCで日本の皆さまとお会いできる日を楽しみにしております!

 

mika

帰国前PCR検査@マジュロ病院

マーシャルから海外へ出る、または日本へ帰国する際に必要とされる、PCR検査の陰性証明書。今回はマジュロ病院での、PCR検査についてレポートします。

※2022年6月現在の情報です。

 

米国行き飛行機の搭乗には不要となりましたが、日本への入国には72時間以内のコロナ PCR検査陰性証明書が必要です(2022年6月現在)。マーシャルから日本へは、乗り継ぎでグアムかハワイで1泊することになるので、マーシャルを出発する前日に検査を受けるとよいでしょう。

<持ち物>

・パスポート

・日本の厚生労働省のフォーマットを印刷したもの

 

こちらが国で唯一の総合病院である、マジュロ病院です。

日本のODAで2005年に建てられました。

平日は、こちらの正面玄関から入ります。受付時間は8:30-11:30、13:00-15:30です。

土日は閉まっているので、その場合は真裏にあるERの入り口から入りましょう。

 

まずは、入ってすぐ右手にある受付(Reception)で、PCR検査(Covid Test)を希望することを伝えます。

病院に以前かかったことがあれば、ホスピタルナンバーと名前を伝えますが、初めての場合はパスポートを提示して、カルテを作成してもらいます。

そして、お支払い。外国人は一律$20です。

受付は番号順になっているので、まずはこの機械から番号札を取るのを忘れずに。

受付が終わったら、パブリックヘルスという場所へ行きます。

正面真ん中にある廊下を奥へと進みます。

 

10mぐらい進んだ先の、広い場所がパブリックヘルスです。左側のエリアで待ちます。

パブリックヘルス、左側のエリア。

ここで待つこと1時間。この日はやや混んでいたようです。

 

ようやく検査室3(Examination Room3)から、名前を呼ばれたので入ります。

検査室に入ると食べ物があってビックリ。え?パーティーだったの!?

よくみたら健康的な食事の、食品サンプルでした。マーシャルで初めて食品サンプルを見ました!

この呼ばれた部屋で、PCR検査を受けます。

日本入国用の厚生労働省のフォーマットは、印刷したものを持参し、この時に渡します。名前やパスポート番号等は事前に記入しておきましょう。

検体はラボへと運ばれて、検査されます。

当日中に検査結果を受け取りたい、と伝えてすぐ陰性証明書を作成してもらいます。

パブリックヘルスから、廊下をさらに奥へと進むと、右手にラボがあります。

検査結果証明書はラボから名前を呼ばれて、渡されます。

「数分でできるから待っててくれ!」と言われて、待つこと45分。

ようやくPCR検査証明書を手に入れました!

英文の証明書と、渡した日本書式の証明書を受け取ります。

どちらも名前の表記に間違いがないか、日本の書式のものに医師のサインが入っているか、その場でしっかり確認しましょう。

 

出張などでマーシャルへお越しの方がご帰国の際には、MJCCでPCR検査サポート(マジュロ病院まで送迎と検査付き添い)も行っておりますので、お気軽にご用命ください。

 

mika

コロナ禍の影響

このブログでも何度か紹介しているかもしれませんが、ここマーシャル(マジュロ)は未だに新型コロナウィルス感染者ゼロの世界的に見ても稀有な国です。

その大きな要因はなんと言っても厳格な入国管理。
現在マーシャルに入国するには、ハワイ3日+マーシャル国内2週間の隔離施設での隔離が必要で、それも入国できるのは政府の許可を得た人のみです。

以前はハワイ2週間+マーシャル国内3週間の隔離を経なければ入国できませんでしたので、それに比べればだいぶ緩和されましたが、それでも世界的に見てかなり厳しい入国管理だと思われます。

こうした管理のおかげでマジュロ市内(※注)は現在まで感染者ゼロを続けており、
我々のようなマジュロに住む一般人はマスク無しの生活を送れています。

(※注) 厳密にはクワジェリンの隔離施設で発見されているケースがあるので対外的な発生数はゼロではありません。

ただ、その一方で弊害も出つつあるようです。

こちらは今週のMarshall Island Journalの記事。

この記事によると国内最大手の建設会社”PII”では、人手不足により様々な工事に遅れが出ているとの事。このPIIはマーシャル最大手のゼネコンで、国内の大型公共工事はほぼ一手に引き受けている会社です。

元々、来年度開催予定のミクロネシア版オリンピック”マイクロゲームス”の開催に向けてメインスタジアムを建設中だったり、老朽化した体育館の立て直し、空港の修理などたくさんの大型案件があったようなのですが、そこにコロナによる入国管理の影響で外部からの技術者が入ってこれなくなる事態が重なり工事が思うように進まない状況のようです。

建設中のスタジアム

マーシャルはとても小さい国で、自国だけで労働力を賄う事が出来ない為、多くの労働力を外国に頼っています。その為、外部からの人材が入ってこれなくなると様々なインフラ整備に影響が出てきます。

例えば、発電所の施設が更新できず、メンテナンスの為の停電が増えたり、銀行のATMが壊れたまま使用できない状態で放置されていたりと、意外と身近なところで影響が出てきます。

この記事によるとPIIは自前でチャーター機を飛ばしてでもフィリピン等から100~200人の技術者を確保したい様子で、それだけ逼迫した状況が想像されます。

その記事の後に出ている財務大臣Brenson Wase氏の記事でも、海外からの支援案件に遅れが出ているという記事があり、入国管理によるコロナフリーの生活と引き換えに経済活動に発生する影響が出てきています。

とはいえ、医療施設の乏しいマーシャルでは、コロナとの付き合い方を簡単に”ノーガードの打ち合い”にするわけにもいかず、安心した生活と経済活動の両立の難しさが浮き彫りになってきているようです。

MURAI

マジュロ空港が再開!

約3か月近く閉鎖されていたアマタ・カブア国際空港の補修工事が終了し、

4月11日より空港が再開しました!

 

これでマジュロから国際線に乗れます。

マジュロの人々はホッとひと安心。

 

空港が閉鎖されていた期間は、マジュロからユナイテッド航空に乗れず、

利用者はクワジェリンの空港から乗ることに。

マジュロからクワジェリンまでは、国内線エアーマーシャルで

離島2島経由のアイランドホッピングです。

 

エアマーシャルも空港ターミナルを使用できなかったので、

貨物の受付をしていた建物を使用し、

屋外にテントで待合室を設置していました。

 

国内線と国際線の乗り継ぎ時間を合わせているわけではないので、

グアムへ向かうにはユナイテッド搭乗日の前日にクワジェリンに移動し、

クワジェリンのイバイ島で1泊が必要という具合で、

これまでで最も、マジュロから日本までの距離が遠くなった期間でした。

空港が再開して本当によかったです!

 

こちらが再開した空港の写真(2022年4月11日)です。
突然ですが、マーシャルクイズ!以前の空港との違いはどこでしょうか?

何度も空港を利用した方なら、わかるかも!?


正解は、、、、柱が増えて、到着出口が数メートル移動しました!

 

マーシャルの入国制限は継続中で、入国するには事前に政府の許可と

17日間の隔離施設での滞在が必要であり、観光での入国はまだできない状況です。

早く自由に日本と行き来できるようになる日を願っております!

 

mika