マーシャルまでの行き方

マーシャルまでの行き方といえば、アイランドホッピング!

日本からマーシャルまでの直行便はないので、グアムで乗り継ぎをし、アイランドホッピングと呼ばれる世界でも珍しい路線に乗り、途中ミクロネシアの島々を経由しながら首都マジュロへ向かいます。

今回は、マジュロを発着する国際線の最新スケジュールをお知らせします。

グアムからマジュロまではユナイテッド航空のみ就航しており、マジュロに発着する便が現在は週4便となっています。

グアム日曜発のUA133便と、マジュロ月曜発のUA132便は、途中2島(チューク・ポンペイ)しか経由しないので、「いつもより早く楽に着く!」とマーシャル在住日本人の間では好評です。

また、南半球方面からのアイランドホッピングは、ナウル航空が就航しています。こちらはナンディ(フィジー)/ブリスベン(オーストラリア)方面から、マジュロまでアクセスできます。

旅行の計画にぜひお役立てください!

マジュロ発着 国際線 定期便スケジュール(2019年10月現在)

<ユナイテッド航空> https://www.united.com

◆グアム発→マジュロ着

月 UA155便 8:20発→19:17着(チューク・ポンペイ・コスラエ・クワジェリン経由)

水 UA155便 8:20発→18:43着(チューク・ポンペイ・クワジェリン経由)

金 UA155便 8:20発→19:17着(チューク・ポンペイ・コスラエ・クワジェリン経由)

日 UA133便 9:20発→18:40着(チューク・ポンペイ経由)

◆マジュロ発→グアム着

月 UA132便 11:40発→16:50着(ポンペイ・チューク経由)

火 UA154便 11:20発→17:55着(クワジェリン・コスラエ・ポンペイ・チューク経由)

木 UA154便 11:40発→17:54着(クワジェリン・ポンペイ・チューク経由)

土 UA154便 11:20発→17:55着(クワジェリン・コスラエ・ポンペイ・チューク経由)

/

<ナウル航空> https://www.nauruair.com/

ナンディ(フィジー)/ブリスベン(オーストラリア)→ナウル(ナウル)→タラワ(キリバス)→マジュロ間の定期便を運航 

◆マジュロ発

火 ON42便&17便 マジュロ9:15発→タラワ(キリバス)10:30着→ナウル12:30着→ナンディ(フィジー)16:25着

水 ON8便 マジュロ14:55発→ナウル16:25着

金 ON42便&17便 マジュロ9:15発→タラワ(キリバス)10:30着→ナウル12:30着→ナンディ(フィジー)16:25着

土 ON8便 マジュロ14:55発→ナウル16:25着

◆マジュロ着

火 ON7便 ナウル7:00発→マジュロ8:30着

水 ON18便&41便 ナンディ(フィジー)7:00発→ナウル10:10着→タラワ(キリバス)12:10着→マジュロ14:10着

金 ON7便 ナウル7:00発→マジュロ8:30着

土 ON18便&41便 ナンディ(フィジー)7:00発→ナウル10:10着→タラワ(キリバス)12:10着→マジュロ14:10着

リウットコーナー、ランチタイムのマーシャル料理ブッフェ

レストラン リウットコーナーで、平日ランチタイム11:30~3:00にマーシャル料理のブッフェをやっていると聞いて、行ってきました。

こちらがレストランの入り口です。少しわかりづらいですが、リウットと看板があるガソリンスタンドの横です。

店内はこんな感じ。マーシャル料理の他にも、ハンバーガーやチキンカツなども注文できます。

マーシャル料理のブッフェはこちら。料金は$9.95。メニューは、地元の魚を焼いたもの、まぐろ刺身を使ったスパイシーポキ、ココナッツの果肉を使った揚げ団子、パンの実のココナッツミルク煮、IQ(ココナッツミルクの甘くてボリュームのあるスープ)でした。

こちらはブッフェメニューではないのですが、リウットにはいつもお店で焼いているケーキが置いてあります。ケーキの値段も1つ$2~3.5で良心的。ランチの時間帯を過ぎても気軽に利用できます。

グアムでラウンジ利用してみました(1年振り2回目)


ポンペイで交錯するアイランドホッピング機。奥がホノルル行き、手前がグアム行き。

仕事の関係で夏休みはあきらめていたんですが、どうにか1週間だけ都合がついたので、一時帰国で日本に帰ってました。

マジュロに戻る便は東京から深夜便しかなかったので、グアムへの到着が午前1時頃、乗継便のチェックインは朝6時頃で、ホテルに泊まるのはもったいない!でも空港の椅子で寝るのはちょっときつい・・・と思い、グアム空港でラウンジを利用してみました。

ユナイテッド航空のラウンジは以前行ったことがあったので、今回は反対側にあるSAGAN BISITA LOUNGE(サガンビスタラウンジ)を使ってみました。

サガンビスタラウンジは出国審査を通り抜けて右側、7番ゲートの向かいにあります。
営業時間は0:00~10:00、13:00~17:00。

サガンビスタラウンジ。

利用条件は下記航空会社のビジネスクラス以上の利用者、プライオリティパス会員、ダイナースクラブカード保有者、ルックJTB利用者です。

JAL
チャイナエアライン
大韓航空
エバー航空
チェジュ航空

私はいずれにも該当しなかったので料金を支払いました。現金のみの受付で、料金は48ドルでした。カードで払うと30ドルくらいという情報もあります。

小さい扇風機で顔を乾かしてる人は私ではありません。

中はソファーとテーブルが並んでいます。100人位は入れるでしょうか。間違っても成田空港のラウンジと比べたりしてはいけません。深夜だったせいか利用者は数えるほどしかいませんでした。

ホットドッグをいただきました。

食べ物はハンバーガー、ホットドッグ、チャーハンなど。
カップラーメンやシリアルもありました。
はっきり言って大したことはないですが、がっつり食べる時間でもないので十分と言えば十分です。

冷蔵庫が怪しく光っています。
ワインとコーヒーの間に映っているのも私ではありません。

ドリンク類はコーヒー、紅茶、水、コーラ類、発泡酒の他にワインやウイスキーもありました。お酒を飲める人なら元は取れそうです。

今回は利用しませんでしたが他にシャワーや会議室などもあるようです。
利用条件を満たしていて、飛行機に乗る前にちょっとゆっくりしたい人は、利用してみてはいかがでしょうか。

SATO

日本遺族会の皆さんと一緒にクワジェリン(サント島)へ行ってきました!

前回の続きです。

ロイ=ナムル島での慰霊追悼式を終えた一行は、案内人の「帰りの飛行機までまだ時間があるから、日本軍の発電所がある島に行かないか?」という言葉に誘われて、サント島に行くことになりました。
正式な名前はEninbur島ですが、ロイから数えて一島、二島、三島めなので「サントー」と日本人が呼んだのをマーシャル人もそのまま使って定着したそうです。
確かに今までも「サントから来た」というお客さんに会ったことがあったので、そんな由来があったのか!と納得です。

船着場。

船着場についたらすごく良い天気でした。

一島、二島、サント!

船が出発するとすぐにサントが見えてきます。
1島2島、サントです。

サント島。

サントに上陸するとすぐに発電所が見えます。
というか狭い島なので島のどこからでも見えます。

島で一番大きい建物。
裏側。
中は住民の通路になってました。

当時の貯水槽は手を加えて現在でも使われていました。

当時の貯水槽に屋根を付けて再利用。

ロイ島をアメリカ軍が攻撃した際、ほとんどの建物を壊したにもかかわらず電気だけはついていたので、どうなってるのか?と不思議に思い調べるまで、サントに発電所があることがわからなかったそうです。

その後ロイに船で戻り、ロイから飛行機でクワジェリン島に戻りました。
今回も、さらになかなか行けないところに行けたので、良い経験になりました。

SATO

日本遺族会の皆さんと一緒にクワジェリン(ロイ島)へ行ってきました!

去る三月、日本遺族会慰霊団の皆さんと一緒に、クワジェリンへ行ってきました。
日本遺族会は、戦没者遺族の全国組織として創設された財団法人で、戦没者の慰霊をはじめとして、さまざまな事業を行っています。今回お手伝いさせていただいたのは、平成30年度のマーシャル・ギルバート諸島における慰霊友好親善事業でした。

Kwajelein環礁。Google Earthより。


今回訪れたクワジェリン環礁はマーシャル諸島共和国内の環礁の一つで、世界最大の環礁です。マーシャル全体のちょうど真ん中辺にあります。

エア・マーシャルから見たクワジェリン島


上空から見たクワジェリン環礁のクワジェリン島。環礁内の南端になります。
この島は米軍基地として使用されているので、一般人は入ることができません。
慰霊団の際は特別な許可をもらっているので訪問・滞在することができます。

おみやげTシャツ。どれもサイズが大きい。


基地内の写真撮影は原則禁止、基本的には担当者と一緒に行動します。
一部自由に行動できるエリアの中にはダウンタウンと呼ばれる区画があり、お店が数軒あります。そしてなんと、サブウェイとバーガーキングもあります。マーシャルの首都マジュロにもないのに!上の写真はお土産屋さんに並んでいたTシャツです。


Roi-Namur島。Google Earthより。

今回のは遺族の方より熱望されていたロイ・ナムル島へ行くことができました。
ロイ・ナムル島はクワジェリン環礁の北端に位置する島で、当時の激戦地の一つです。多くの方がこの地で亡くなっていますが、現在も米軍基地があるため、訪問することはなかなか難しく、今回は幸運にも飛行機の席を確保できたので、訪問することができました。

日本軍指揮所跡。

上の写真はロイ島に残る日本軍の指揮所です。戦争直後の写真は下記URL(外部サイト)で見ることができます。比べてみると当時の何もなくなった状況がよくわかります。

外部サイト:world war photos

対空砲。
格納庫。
中は鉄筋がむき出しになっています。

対空砲や格納庫も、そのまま残っていました。

日本人墓地。

その後、強風吹き荒ぶ中で日本人墓地で慰霊祭を執り行いました。
ご遺族の方もホッとした表情をされてました。

さて、下の写真はロイ島で見つけた看板です。

通行前に飛行機に注意!

ロイ島は島幅いっぱいに滑走路があるので、その端の道路を通る車や自転車は、飛行機の離発着がないことを確認してから通らないといけません。何度かここを通りましたが、他の車もちゃんと止まって確認してから通行してました。おもしろいですね。

次回は慰霊団で訪問したクワジェリンの話が続きます。
合言葉は、一島、二島、サント島!

SATO