マーシャルの「アミモノ」その2

昔からマーシャルではヤシの葉やパンダナスの葉でいろいろなものが作られてきました。これらのハンディクラフトは「アミモノ」と呼ばれ、現在でも生活の品やお土産としてマーシャル人の生活に欠かせないものとなっています。前回に引き続き、その一部をご紹介します。

今回紹介するのは「オボン(obon)」と呼ばれるアミモノです。「オボン」は日本語由来の言葉といわれていますが、日本の「お盆」と同じようには使いません。「オボン」は壁に掛ける飾りの総称のようです。

一般的な円形のオボンです。幾何学的な網目模様がきれいです。

下の写真は亀の形のオボンです。亀はマーシャル人に人気のモチーフですが、日本人としてはこの形をオボンと呼ぶことに若干の抵抗を感じます。「オボン」は壁に掛ける飾りの総称ですから亀でも「オボン」です。他に魚の形やエンジェルの形などいろいろありますが全て「オボン」です。

オボンの良いところは薄いのでスーツケースに入れてもこわれにくく持ち運びしやすく、その上存在感が大きいという点です。マーシャルに来たら是非お気に入りのオボンを探してみましょう!

SATO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください