Fisherman’s day

先週末マーシャルはFisherman’s dayという祝日でした。
漁師の祝日があるなんて、さすが海洋国家のマーシャルです。

この日はウリガにある「Shoreline」で
フィッシャーマンズトーナメントが開催されました。

金曜・土曜の二日間にわたり開催されるこの大会は
「ビルフィッシュ」部門と「底釣り」部門の2部門があり
私が見に行ったのは「ビルフィッシュ」部門の計測の様子

釣り大会の見学は初めてだったのでどんな様子か行ってみると・・・

なかなかの盛況ぶりです。
人口の少ないマーシャルではこんなに人が集まると
それだけでなんかワクワクしてしまいます。

船だってとっても「密」
こんな感じで集計してます。今年は50チームが参加

釣り素人の私がまず驚いたのはこのリールと竿

何じゃこりゃ。私の下手な写真で伝わりづらいですが、
私が家の裏で釣ってる釣り竿がおもちゃのようです。
こんな大きな道具で釣るんですね~
素人の私はこんな事でも感動です。

で、これを使って釣り上げた魚はというと・・・

なんと265ポンド(約120㎏)
これが今年の優勝サイズだそう。

最近釣りを始めたばかりで小さいのが釣れて喜んでいるレベルの私には
途方もない大きさですが、かかった時の感触はどんな感じなのでしょうか。

いつか私もこんなの大物を吊り上げるワイルドな男になってみたいものです。

さて、見学をしたあとは近くのホテルのレストランで夕食
優勝を祝って(?)たくさん頼み過ぎてしまいました。

ローカルフードも良いですが、たまにはがっつりアメリカンな食事も良いものです。

MJCCでは釣り船手配もしております。
マーシャルの入国制限が解除された、釣り好きな方は密な日本を抜け出して太平洋の真ん中で釣り糸を垂らしてみてはいかがでしょうか。

MURAI

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください