フグの話

あなたはマーシャル人と雑談する場合、何を話しますか?
私の経験では食べ物の話が一番盛り上がる気がします。

 

日本に招待されたあるマーシャル人が、フグ料理に招待されたけども「これは毒がある魚だ!」と怖がって食べませんでした。食べると5分で死ぬそうです。なのでその人は味噌汁だけ飲んでいたそうです。

 

ふぐのおいしさを知っている日本人からするともったいない話ですが、毒の恐ろしさをよくわかってるマーシャル人らしい反応かと思います。

 

この話をマーシャル人従業員に話したところ、「その魚知ってる!」と盛り上がりました。やっぱりマーシャルではフグは食べないそうです。ちなみにマーシャル語では「ルワッ(プ)」といいます。

 

↑「ルワッ(プ)」という単語を教えてもらうために描いた絵。

 

さらに同じ話をキリバス系マーシャル人に話したところ、やはりフグは一般的には食べないが、食べ方を知っている部族がいて、その人たちは食べるそうです。うちの従業員の旦那(キリバス人)はその部族に友達がいて、食べさせてもらったことがあるらしく、すごくおいしかったそうです。

 

というわけで、マーシャル人と雑談する機会があったら是非食べ物の話題に挑戦してみてください。いろいろ教えてくれます。

 

SATO

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください