アイランドホッピングでマジュロへ

日本からマーシャルを訪れる際には、アイランドホッッピングを利用される方も多いのではないでしょうか。
アイランドホッッピングとはコンチネンタル航空956便の通称で、グアムを出発しチューク、ポンペイ、コスラエ、クワジェリン、マジュロを経由し、ホノルルへ向かう便です。グアムからマーシャルまでは約9時間かかりますが、実際の飛行時間はそれより短いです。1~2時間飛んでは着陸し、経由地の空港で毎回約45分ほど乗客や荷物の乗り降りがあるからです。1路線でアメリカ・ミクロネシア・マーシャルと3カ国をまたぎ、さらにクワジェリンにいたっては軍用基地に着陸するという世界でも珍しい路線であるといえます。2011年はグアムからマジュロまでの直行便が週1便出ており、こちらは4時間でマジュロに着きます。日程が合えば便利な直行便のご利用をおすすめしますが、今回はアイランドホッピングに焦点を当ててみたいと思います。
Island Hopping
アイランドホッパーでは途中の経由地の空港に降りることができます。ただしクワジェリンだけは軍用基地なので降りることができず機内待機です。初めての方でしたらせっかくですので途中の空港に降りてみることをおすすめします。
飛行機を降りるとトランジットと書いてある待合室に移動します。その際にご自分の手荷物とパスポート・航空券の半券を忘れずにお持ちください。毎回セキュリティチェックがあるので、誰のものかわからない荷物が機内に置いたままですと、不審物とされてしまいます。大きな手荷物を運ぶのが大変な場合は、タラップを降りてすぐのところに設置してある荷物棚に置いておくことができます。

もちろん空港に降りずに機内でそのまま待つこともできます。機内で待つ際の注意は、セキュリティチェックのため毎回交互に片側ずつすべて空席にする場合があります。その際は「座席番号A・B・Cの方は、D・E・F側に移動してください」とフライトアテンダントに指示されます。また、フライトアテンダントが機内に残っている手荷物を確認に来るので、聞かれたら自分の荷物だとお答えください。なお、空港に停まっている間は清掃のため機内のトイレは使えなくなることが多いです。

待合室に降りたら、小さな土産物店が出ていれば覗いてみたり、喫煙される方は一服できます。コスラエでは「コスラエみかん」が有名で、買い求める乗客が多いです。マジュロに入国の際にもコスラエみかんは持ち込み可ですので、1袋を食べきれなくても大丈夫です。ただし、帰りにグアムへ入国する際には没収されてしまいますのでお気をつけください。小さなお子様連れでしたら、毎回降りて気分転換をしたり外で歩かせれば、お子様が機内で退屈すること少ないと思います。

長くなりましたので今日はこの辺で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください