第9回日本語スピーチコンテスト

昨日は早退許可をもらい、駆け足で「日本語スピーチコンテスト」の会場@ICCへ。

会場風景

 

今年は朗読(個人/グループ)とスピーチ(個人)部門に30名の学生が出場しました。

昨年に比べ、表現力が格段に上がり、どの朗読/スピーチも心に残る発表でした。

全発表を紹介できない悔しさをぐっと堪え、一部ご紹介。

 

くまと朗読

 

ぼくはくま くま くま くま

車じゃないよ くま くま くま ・・・ 「ぼくはくま」/朗読(個人)

 

 

だいすき 詩

遠くに見えたら ワクワクします

近くに来たら ドキドキします

目と目が合ったらズキン とします ・・・ 「大すき」/朗読(グループ)

 

 

おなかに てをあて  「あいうえお」

あいうえお2

 

みじかく きって 「あ、い、う、え、お」

あいうえお3

 

すこし のばして 「あー、いー、うー、えー、おぉ~~~~~~~~~~~~~♪」

あいうえお1

 

 

「あいうえお」は

母音といって

日本のことばの かあさんです 「あいうえお」/朗読(グループ)

 

 

(会場内、笑いの渦とカッポコポ〜〜〜!(マーシャル語で「拍手!」)

フェイスさん フラ

職場体験で3月末からMJCCで働いているフェイスさんは

「わたしの職場体験」と題したスピーチをしました。

「ときどき、遅れてすみません・・・」という締めの言葉も、とても上手でした。笑

 

ドキドキ結果発表の前は、出場3校のパフォーマンスで賑わいました。

 

MIHS

MIHS(マーシャル諸島高校)

 

CMI

CMI(マーシャル諸島短期大学)

 

COOP

COOP(アメリカンスクール)

 

表彰式も終始和やか。

賞品を受け取り忘れて壇上を後にする学生の多いこと・・・笑

 

ランドンくんピース

 

 

ランドンくん

 

スピーチ部門1位(18歳以下の部)の賞品は・・・味キムチ ×1箱、Pucca ×1箱、サッポロ一番ラーメン ×1箱

(弊社よりお買い上げいただき、ありがとうございます!)

 

見事日本でのスタディーツアー行きを手にしたスピーチ部門1位(18歳以上の部)の学生は、

「福島とフラガール」をテーマに、福島とマーシャルの共通点、フラガールの魅力を伝えた力強いスピーチでした。

福島とフラ

 

来年も、更にパワーアップした発表が観れることを楽しみにしています!

参加者の皆様、ご指導された先生方、審査員の方々、皆々様お疲れ様でした!

集合写真

 

shiori

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください