グアムでラウンジ利用してみました(1年振り2回目)


ポンペイで交錯するアイランドホッピング機。奥がホノルル行き、手前がグアム行き。

仕事の関係で夏休みはあきらめていたんですが、どうにか1週間だけ都合がついたので、一時帰国で日本に帰ってました。

マジュロに戻る便は東京から深夜便しかなかったので、グアムへの到着が午前1時頃、乗継便のチェックインは朝6時頃で、ホテルに泊まるのはもったいない!でも空港の椅子で寝るのはちょっときつい・・・と思い、グアム空港でラウンジを利用してみました。

ユナイテッド航空のラウンジは以前行ったことがあったので、今回は反対側にあるSAGAN BISITA LOUNGE(サガンビスタラウンジ)を使ってみました。

サガンビスタラウンジは出国審査を通り抜けて右側、7番ゲートの向かいにあります。
営業時間は0:00~10:00、13:00~17:00。

サガンビスタラウンジ。

利用条件は下記航空会社のビジネスクラス以上の利用者、プライオリティパス会員、ダイナースクラブカード保有者、ルックJTB利用者です。

JAL
チャイナエアライン
大韓航空
エバー航空
チェジュ航空

私はいずれにも該当しなかったので料金を支払いました。現金のみの受付で、料金は48ドルでした。カードで払うと30ドルくらいという情報もあります。

小さい扇風機で顔を乾かしてる人は私ではありません。

中はソファーとテーブルが並んでいます。100人位は入れるでしょうか。間違っても成田空港のラウンジと比べたりしてはいけません。深夜だったせいか利用者は数えるほどしかいませんでした。

ホットドッグをいただきました。

食べ物はハンバーガー、ホットドッグ、チャーハンなど。
カップラーメンやシリアルもありました。
はっきり言って大したことはないですが、がっつり食べる時間でもないので十分と言えば十分です。

冷蔵庫が怪しく光っています。
ワインとコーヒーの間に映っているのも私ではありません。

ドリンク類はコーヒー、紅茶、水、コーラ類、発泡酒の他にワインやウイスキーもありました。お酒を飲める人なら元は取れそうです。

今回は利用しませんでしたが他にシャワーや会議室などもあるようです。
利用条件を満たしていて、飛行機に乗る前にちょっとゆっくりしたい人は、利用してみてはいかがでしょうか。

SATO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください